群馬で加圧トレーニングを始めるなら、「UP TO YOU」がオススメです♪

お電話でのご予約はこちら
TEL:
027-393-6075
直通:080-5535-8443
 運動が苦手な方、
 女性や高齢の方でも安心して
 トレーニングして頂けます♪
加圧とは 各種コース 料金表 加圧Q&A 提携企業・団体
実績紹介 指導者紹介 ジム紹介 MOVIE お問い合わせ

  Q & A  
 
Q1.加圧トレーニングをしたらどんな効果があるのですか?
 成長ホルモンが多量に分泌され、美容効果や若返り、ダイエットなどの効果があります。また、加圧トレーニングは負荷が軽いので間接などにも負担を掛けずに効率的に筋肉を鍛えることが可能であり、そのことにより体を引き締めシェイプアップできます。また、血液の流れが良くなり、血管が若返って新陳代謝が活発化し、体の内側からキレイに、そして元気に過ごせるようになります。肩こりや冷え症にも効果があります。
 
Q2.週にどれくらいやればいいですか?
 通常のトレーニングの何倍も効果があるので、週1,2回が基本です(通常のトレーニングは週3~5回が基本)。早く効果を出したい方、ダイエット目的の方は週2回が基本ですが、毎日やる必要はありません。適度なトレーニングを長く続ける方が効果が上がります。
 
Q3.1回どれくらいの時間がかかりますか?
 加圧してトレーニングする時間は上半身、下半身ともに各10~15分程度です。1回のトレーニングは約40分で終わります。加圧以外の一般のジムでは1回のトレーニングが1~2時間、それを週3~5回と続けなければ思うような効果は得られません。加圧なら回数、時間もかからず短時間で同等以上の効果を得られますので忙しい方にもおすすめです。
 
Q4.1回の料金が高くないですか?
 フリースタイルのジムなどでは料金は安いかもしれませんが、毎回のトレーニングにトレーナーは付いてくれません。あなたは、1回2時間のトレーニングを週3回続けられますか?あなたの周りでジムにお金だけ払い続けている人はいませんか?このように通常のジムでは効果を出しずらいのが現状です。その為、最近ではトレーナーとマンツーマンで行う「パーソナルトレーニング」が注目を集めています。しかし、「パーソナルトレーニング」の相場としては、1時間5,000~8,000円位の高額な料金がかかります。当【UP TO YOU】では低価格で個々に合ったトレーニングメニューを提案し、あなたの目標達成のために全力でサポートいたします。
 
Q5.どれくらいで効果が出ますか?
 個人差がありますので一概には言えませんが、最初の3ヶ月間は体質が変わる準備段階と考えてください。これは加圧によって脂肪が分解され、筋肉が増加し、基礎代謝の高い太りにくい体質へと移行している段階です。その後、体型に少しずつ変化が出始めます。体重ではなく「見た目」、つまり、ミラー(鏡)に自分がどう映るかです。脂肪が減り、筋肉が増える事でラインが引き締まりスタイルがよくなります。また、食生活の改善も同時に行うことで早い効果が得られます。
 
Q6.加圧トレーニングは誰にも出来ますか?
 加圧トレーニングは小さい負荷&短時間で行います。身体への負担が少ない為、トレーニング後の回復が早いのも特徴です。よって、プロアスリートから一般、学生、高齢者、女性、それぞれの目的に応じて誰でも気軽に行えるトレーニングです。
 
Q7.血液を制限して体に影響はないの?
 加圧トレーニングで一番のポイントは適度に血流を制限することです。これを「適正圧」と言います。(正規品以外での加圧は血栓などが出来たり大変危険ですので絶対に行わないで下さい。必ず加圧本部公認のトレーナー指導の元、あなたに合った適正圧でトレーニングしてください。加圧本部公認のマークは当サイトの右上のマークです。当然、UP TO YOUは加圧本部の公認を受けています)
 
Q8.血液を制限して体に影響はないの?
 ボディービルダーのような体にはなりません。ボディービルダーのような体になりにはそれなりのハードなトレーニングと栄養が必要です(希望される場合、そちらも指導出来ます。筋力トレーニングマシンとの併用で筋力アップを中心に鍛える「加圧トレーニング筋力コース」をご検討下さい)。通常の加圧は、特に女性の場合ホルモンの関係でムキムキにはなりません。男性・女性らしいメリハリのある体を作りましょう。
 
Q9.血液を制限して体に影響はないの?
 加圧トレーニングによって分泌された成長ホルモンは、血流によって全身に送られます。そして、トレーニングによって刺激された筋肉に成長ホルモンが作用します。ですから、おなかの脂肪を取りたい時は腹筋など引き締めたい部位を集中的にトレーニングすると非常に効果的です。
 
Q10.加圧トレーニングはどこでも同じなのですか?
 違います。わかりやすいところでは、指導者が扱える器具に違いがあります。トレーニングに使用する器具には空気式と弾力で締め付けるタイプの2種類があります。指導者の取得している資格の種類で扱える器具が制限されます。トレーナーの得意分野が有りますので、あなたの目的にあった施設を選ぶ事が大切です。
(C)UP TO YOU